KAWAI WORKS カワイ製作所 リヤピラーバー typeスクエア SUZUKI エブリイ 2022モデル DA62 52 SZ0480-PIE-00 ハイルールーフ車 5297円 KAWAI WORKS(カワイ製作所) リヤピラーバー typeスクエア SUZUKI エブリイ DA62/52 ハイルールーフ車 [SZ0480-PIE-00] 車&バイク カーパーツ 補強パーツ リアピラーバー KAWAI,5297円,[SZ0480-PIE-00],/ainsell69523.html,WORKS(カワイ製作所),SUZUKI,車&バイク , カーパーツ , 補強パーツ , リアピラーバー,typeスクエア,DA62/52,リヤピラーバー,ハイルールーフ車,エブリイ,kon-shin.jp 5297円 KAWAI WORKS(カワイ製作所) リヤピラーバー typeスクエア SUZUKI エブリイ DA62/52 ハイルールーフ車 [SZ0480-PIE-00] 車&バイク カーパーツ 補強パーツ リアピラーバー KAWAI WORKS カワイ製作所 リヤピラーバー typeスクエア SUZUKI エブリイ 2022モデル DA62 52 SZ0480-PIE-00 ハイルールーフ車 KAWAI,5297円,[SZ0480-PIE-00],/ainsell69523.html,WORKS(カワイ製作所),SUZUKI,車&バイク , カーパーツ , 補強パーツ , リアピラーバー,typeスクエア,DA62/52,リヤピラーバー,ハイルールーフ車,エブリイ,kon-shin.jp

KAWAI WORKS カワイ製作所 リヤピラーバー typeスクエア SUZUKI 最安 エブリイ 2022モデル DA62 52 SZ0480-PIE-00 ハイルールーフ車

KAWAI WORKS(カワイ製作所) リヤピラーバー typeスクエア SUZUKI エブリイ DA62/52 ハイルールーフ車 [SZ0480-PIE-00]

5297円

KAWAI WORKS(カワイ製作所) リヤピラーバー typeスクエア SUZUKI エブリイ DA62/52 ハイルールーフ車 [SZ0480-PIE-00]

商品の説明

ピラーバー

リヤシートベルトの左右をつなぎ剛性を高めます。リヤハッチバック車等リヤの開口部が大きい車両は効果てきめんです。

専用ブラケットを製作し、確実に応力がかかるようにしました。

シャフトは専用の肉厚特殊合金を使用、エンド部テーパー&バフ仕上げです。



ご購入の際には下記メーカーホームページより適合する車種、エンジン型式、年式などをご確認ください。

http://www.kawaiworks.com/bodyparts

ご注意(免責)>必ずお読みください

この商品はメーカーより直送で1-3日後の発送になります。 但しメーカー欠品の場合、多少時間がかかる場合があります。(1ヶ月以上かかる場合もあります。) お急ぎの際は納期確認の上、ご購入をお願いします。

KAWAI WORKS(カワイ製作所) リヤピラーバー typeスクエア SUZUKI エブリイ DA62/52 ハイルールーフ車 [SZ0480-PIE-00]

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.


地球生命圏科学講座の目指すもの

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.