サステイナビジョンは英国ロンドンに拠点を置き
グローバルな視点から日本企業のCSR/サステナビリティ活動を支援いたします

欧州から日系企業の CSR /サステナビリティ活動を支援します

欧州と日本のCSR /サステナビリティのそれぞれの特徴の違いから、世界のCSR /サステナビリティ分野を牽引している欧州先進企業との間にギャップが生じています。日本の企業は、どのようにこのギャップを埋めていくかが、今後の世界戦略のポイントとなります。

サステイナビジョンは、貴社の海外におけるCSR/サステナビリティ戦略を支援いたします。
英国CMI認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習

世界を取り巻く状況は刻々と変化し、昨今では特に新型コロナウイルス(COVID-19)の拡大から企業活動へ深刻な影響を与えております。そしてメガトレンド/グローバル・リスクである気候危機、人口爆発、資源不足、水不足、エネルギー・燃料問題、貧富の格差拡大、食料問題など様々な課題を抱えており、その中での企業のサステナビリティへの取り組みがより重要性を増してきています。
現時点では、それらを踏まえて、サステナビリティに関連する国際規格ISO26000、統合報告フレームワーク、国連ビジネスと人権に関する指導原則、GRI、SASB、CDP、IIRC等の非財務情報開示など、原則や基準の発行、紛争鉱物、パーム油、綿花、サトウキビ、大豆などの原材料調達やそれらの労働環境、人権課題を含むサプライチェーンの問題、持続可能な開発目標(SDGs)、サーキュラー・エコノミー、パリ協定など海外では企業を取り巻く状況が変化し、企業はその対応に迫られています。

英国CMI認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習は、日本と英国を拠点に活動するサステナビリティコンサルタントの下田屋が主任講師として、欧州で入手している欧州先進企業のサステナビリティの最新情報やビジネスのケースをお伝えしながら、上述のCOVID-19の対応を含めた国際情勢下で、企業が生き抜く術としてサステナビリティを戦略的に実施する方法、事業に統合する方法を学んでいただくことを目的としています。

また、本資格講習は、英国の主要団体CMIの公認資格であり、世界に通用するサステナビリティ資格です。この資格の取得により、世界との扉を是非開いてください。

ニュースレター

サステイナビジョンでは定期的にニュースレターを発行しています。ニュースレターの無料購読の登録はこちらから

PDFダウンロード

「欧州委員会CSRについての欧州連合新戦略2011-2014(日本語仮訳)」 のダウンロードはこちらから

2021-06-06T04:13:18+00:00

第2回目 英国IEMA認定CSR資格講習会

サステイナビジョンは、2012年5月24・25日に第2回目となる英国IEMA認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習を日本で開催いたしました。今回は、大手企業CSR担当部長、CSR担当者、マーケティング担当者、環境担当者、NPO、企業経営者など幅広い業種の方々が参加されました。

2021-06-06T04:12:09+00:00

第5回目 英国IEMA認定CSR資格講習会

サステイナビジョンは、2013年2月21・22日に、日本で第5回目となる英国IEMA認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習を東京にて開催いたしました。

2021-06-06T04:11:26+00:00

パワステポンプ リビルト デリカ P15W MB501281 保証2年

サステイナビジョンは、2013年10月24・25日に、日本で第7回目となる英国IEMA認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習を東京にて開催いたしました。